アメリカで仕事をするにあたっては、日本の会社に就職している上でアメリカに派遣される、いわゆる駐在員として働くスタイル、そして直接アメリカの企業に採用される現地採用スタイル、どちらかになります。

 

日本からの駐在員であれば、企業がスムーズに就労ビザの手配をしてくれますからビザについての心配をする必要は無いでしょう。

 

ただし、現地採用スタイルを取る場合には、ビザのことでいろいろな不便を感じることもあるかもしれません。

 

アメリカで生活をするのであれば、アメリカの大学や大学院などに通う方は学生ビザ、そして仕事をするのであれば就労ビザ、といったように目的に応じたビザを取得する必要があります。

 

このビザは誰にでも簡単に出しているのではなく、きちんと明確な理由がなければなりません。

 

特に現地採用の場合には、その企業が本当に信頼して採用できる人材であるのかどうか、さらにはわざわざ弁護士費用を払ってまでビザの申請サポートをする価値がある人材であるのかどうか、などがチェックされます。

 

普通にアメリカ人を雇えば、こうしたビザの手続きに関する問題は出てこないわけですから、日本人を採用するとなると結構厄介なのです。

 

もし、すでにグリーンカードなどといったすぐにでもアメリカで就労することが可能なビザを持っている方ですと、アメリカでの就職に関しては特に問題なくスムーズに進むでしょう。

 

ただし、まったくビザの申請も初めてという場合には、英語力だけではなく、アメリカの企業で求められる知識やスキルを持っている必要があるでしょう。