日本人にも観光などでなじみの深いアメリカの州と言えば、カリフォルニア州が挙げられます。

 

カリフォルニア州は、アメリカの西海岸に位置していて、気候も良く、非常に日本人が住みやすい都市でもあります。

 

カリフォルニア州の中でも代表的な都市には、ロサンゼルスやサンフランシスコなどが挙げられます。

 

この二つの都市では、アメリカで仕事をするにおいて通勤の面では大きな違いがあります。

 

まずロサンゼルスですと、街全体がとても広くて他の都市にあるような中心部と言えるような場所が特に一つ決められているわけではありません。

 

逆に言えば、どのような場所にもメインとなる場所やコミュニティーが点在しているので、何処にいても不便を感じることはないのです。

 

ただし、公共の交通機関があまり発達していない特徴がありますから、仕事に通う際にはほとんどが自家用車での通勤になります。

 

 

そして、サンフランシスコの場合ですと、アメリカの国内においても非常に交通の便が発達している都市ですから、自動車を使う場合の高速道路はもちろんのこと、電車やバスといったような公共交通機関も整備されていますから、この界隈に住居を構えて会社に通うにはとても便利です。

 

日本中もたくさん住んでいて、日系のコミュニティーがありますので、初めてアメリカで生活する場合にも、カリフォルニア州ならば安心して住める環境が整っていると言えます。

 

歴史的な背景からも、昔から日本との結びつきがとても深いエリアなのです。

 

コラム

 

アメリカは広いので、ニューヨークやサンフランシスコ以外の町に住んだとしたら、自動車がなければ生活できないような感じです。特にロサンゼルスなどはだだっ広い土地なので、自動車がないと移動するのがとても大変なのです。マーケットに行くにしても車で行きますし、映画を見に行くにも車でいくのです。

 

ニューヨークなどは共同交通機関が発達しているので、別に車がなくても過ごしやすいのですが、ロサンゼルスなどは車がないと非常に不便なのです。アメリカはフリーウェイが非常に発達していて、どこに行くにもフリーウェイを走っていくことになります。ニューヨークもマンハッタン以外のところではフリーウェイが発達しているので、車がないと不便です。自動車社会のアメリカならではで、ガソリンが日本よりもかなり安くなっていて、遠出をするときには助かります。

 

ロサンジェルスの大学に行くと、学生用の駐車場などあって、車で通学する生徒が多いのです。免許も16歳で取得可能なので、大学生の多くが免許証を持っていると言っていいでしょう。

 

自動車があると、買い物をするにも便利ですし、アメリカの駐車場は一台あたりのスペースが広いので、駐車がしやすくなっているのです。