日本人がアメリカで働くにはいくつかの手段があります。

 

 

 

また、アメリカで働くには転職を要する方もいるでしょう。求人を探すには人材紹介を活用すると良いのでおすすめのサービスもピックアップしています。参考まで。

 

 

1.グローバルな日本の会社に転職して、長期のアメリカ赴任(駐在)

メリット:
日本人が一番安心して働ける手段と言えます。アメリカに支社を持つ会社に国内転職する事です。

 

大手やグローバル企業では珍しく無いですね。駐在員として働く形ですので数年間の勤務となります。

 

渡航費用や住宅費等、全ての責任を雇用主が果たします。給与や手当も多くなり貯金も出来るでしょう。

 

求人要件:
アメリカにある支社では基本的には現地のスタッフを雇い「現地化」を進めたい意向が強いのですが、全てをアメリカ人で賄える事は難しく、やはり日本人の駐在員の力が必要となる傾向があります。

 

そのような今すぐ赴任して欲しいという求人もしばし見られます。アメリカで働くには、と考えている日本人にとって一番近道となる方法の1つです。

 

ただ、勿論条件も見ておきます。社会人経験は3年以上は欲しいですし英語力と、専門スキルやマネジメント力を保有してる事もよく条件に上がります。

 

大手からの募集が多いので基本大卒以上です。稀に英語力不問の募集も見つかります。

 

 

■使うと良い人材紹介

 

リクルートエージェントはこちら

海外やバイリンガル専門の転職支援サービスです。非公開求人も豊富でアメリカで働く希望を相談でき支援してもらえます。無料。

 

 

パソナキャリアはこちら

世界中に求人紹介のための支店があり現地情報を仕入れるのにも活用できます。アメリカで働くための求人紹介の支援も可能です。無料。

 

 

2.アメリカにある日系企業にて働く(現地採用)

この働き方も有力です。1との違いは全て身の回りの責任を自分が負担するという点です。

 

渡航費用、現地での住居、保険、税金、医療など全てを自分で面倒みます。

 

現地採用でアメリカで働くには責任が伴うという事ですね。その代わりすべて自由という表現をする事もできます。

 

 

移住に憧れを持ってたり長期生活を目標としてる方、将来的に米国外資系への転職まで理想としてる方など。

 

ローカルの日系企業では日本人採用に対して積極的です。日本人を採用したがるのはやはり日系という事ですね。

 

顧客として日本人を相手にしたり、日本と取引が多かったりするため日本語が話せる日本人を採用したいのです。

 

住宅補助や交通費補助は給与に含まれる事が多いので、面接時にでも確認したほうが良いです。

 

給与は駐在員より少ない傾向で、現地スタッフ並です。ただし管理職クラスになると年収1000万を超える求人も見られます。営業や販売職では出来高で800万くらいも見えます。実力の世界です。

 

■使うと良い人材紹介

 

パソナUSAはこちら

パソナのUSA支社です。USAやカナダでの就職支援をしてもらえます。日本在住者にも便利なサービスですね。無料。

 

MAX-JOBはこちら

20年以上ニューヨークで日本人の仕事紹介を支援してきたサービスです。日系、米系など数千社と取引があります。無料。

 

 

3.日本に支社がある米国企業に就職、将来的に本社勤務に

こちらは日本国内の外資系で働くことを指しています。ほとんど本社勤務となる可能性は少ないと見て間違いありません。

 

有能な人材などはアジアの統括ポジションになったり、本社勤務となるケースも見られます。

 

国内で外資系専門のヘッドハンターやエージェントにコンタクトをとることにより募集を探すことが出来ます。

 

JAC Recruitmentはこちら

外資系への転職に有利な支援サービスを提供しています。アジアが多めですが米系との取引もあり悩ましいレジュメや面接の力強い見方となってもらえるでしょう。無料。

 

 

4.アメリカにある米国外資系にて働く

こちらは2と近いです。渡米して移住する傍ら米国で雇われる(現地採用)という事ですから。

 

しかし昨今の就労可能なビザの発給状況から、外資系に雇われてアメリカで働くのは難しいと言わざるを得ません。

 

アメリカ人で務まる職種では雇い入れる事が困難ですし、既にビザが無くては採用に至るケースがあまりありません。

 

あえて日本人を雇いたいと思う米企業は日本に関連する商品やサービスを扱っていたり、もしくは日本進出を図っていたり。または日本と取引してる会社となります。

 

求人を探すのであればそのような会社を調査していく事で可能性が広がります。

 

もう1つは専門性の高いIT技術や会計知識などを保有してる人材です。グローバルエグゼクティブな人材であれば採用される事もあるでしょう。

 

MAX-JOB

2度目の登場。やはり日系も米系もお任せできます。無料。

 

 

5.留学とアメリカの会社へインターンシップで働くには

滞在が未経験であったり、社会人経験があまり無い方、特別なスキルを持っていないような場合です。

 

そのような若手の日本人がアメリカで働くには最初から留学を検討した方が早くメリットがあるかもしれません。

 

留学中に条件を満たせばアメリカで働くことができるプラクティカルトレーニングの制度があります。

 

「一定期間の短期という事と専攻科目に即した職種」という条件があります。これはF-1ビザと呼ばれる種類です。またその後、ビザの切り替え(H1Bへ)という可能性もありえます。

 

この他、インターンシップ制度を使って働く権利もあります。

 

就労可能なビザの種類はJ-1 Visaで年齢制限20〜35歳までとなっています。一般的にはインターンシップ(研修)ビザと呼ばれています。ビザ取得に個人で負担する費用は30万円以上かかります。

 

企業側の負担が少ないため米系企業の採用もグッと近くなります。

 

US INTERNSHIPはこちら

インターンシップ専門サイトです。ロサンゼルスに設立された非営利団体。日本人でも有料でサービスを受けられます。

 

 

 

まとめ

 

このように日本人がアメリカで働くにはいくつかの方法があります。ご自身のキャリア、年齢、熱意、ビジョンに従って検討してみてください。